[PR]

 26日に開かれた米大統領選のテレビ討論会で、論戦をかわした共和党のトランプ氏と民主党のクリントン氏はどちらが優勢だったのか。米国で大統領選を研究してきた明治大学の海野素央教授に聞いた。

 全体的にはクリントン氏の勝利といえる。勝敗の分かれ目は開始から50分ほどが過ぎた時のクリントン氏の発言だったと思う。

 クリントン氏はトランプ氏に対し、「あなたは、私が討論会の準備をしてきたことを批判しました。その通り、私は準備してきました。それは何か知っていますか? 大統領になる準備をしたのです」と言った。討論会では拍手などは禁じられているが、会場から思わず拍手が上がった。ここで流れが変わったとみる。

 この発言までは、トランプ氏が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら