[PR]

 安倍晋三首相は27日の衆院本会議で、天皇陛下の生前退位に関して、「まずは有識者会議で静かに議論を進め、一定の段階で与野党を交えて議論を行うことも考えている」と述べ、与野党協議に言及した。

 民進党の野田佳彦幹事長の質問に答えた。

 野田氏は、政府がいまの天皇陛下に限って生前退位を可能とする特別措置法の整備を検討していることについて「法整備の方向性を政府が先に決めるのではなく、まずは有識者会議にゆだねるべきだ」と指摘。これに対して、首相は「政府が方向性を誘導することはない」と答えた。