[PR]

 28日午前0時5分ごろ、京都市伏見区小栗栖中山田町の路上で「男性が血を流して倒れている」と110番通報があった。駆けつけた京都府警の警察官が、40代くらいの男性を発見したが、胸のあたりに刺し傷があり、まもなく死亡が確認された。府警は男性が何らかのトラブルに巻き込まれた可能性が高いとみて調べている。

 山科署によると、「男が殴り合いのけんかをしている」という通報も同時刻にあった。現場近くには男性の所持品とみられるカバンと血のついた服が落ちていたという。