[PR]

 28日午後5時40分ごろ、東京都新宿区の西武新宿線高田馬場駅のホームで異臭がすると、駅員から110番通報があった。警視庁によると、10~30代の乗客ら男女9人がのどに痛みを訴えるなどして病院に運ばれた。東京消防庁によると、うち1人は重症という。

 戸塚署などによると、被害の訴えがあったのは下り線の3番ホーム。複数の人が「人が通り過ぎた後に異臭がした」と説明。重症の1人は「液体をかけられた」と話しているという。

 署は何者かが臭いのあるものを散布するなどした疑いがあるとみて、傷害容疑で捜査を開始。駅やその周辺に設置されている防犯カメラの映像などを調べている。西武鉄道によると、電車の運行に大きな支障はなかった。