[PR]

 東京電力福島第一原発からおよそ25キロ南に位置する福島県広野町。町役場の正面玄関に、日に焼けて色あせたポスターがある。

 TEPCOマリーゼ――。かつて、東京電力が運営した女子サッカーチームだ。ポスターには、選手26人の顔写真とサインが並ぶ。左上の背番号「1」が、ゴールキーパーの増田亜矢子(41)だ。

 1998年から、日本女子サッカーリーグ(当時Lリーグ)の選手としてプレー。2004年に所属チームが廃部となり、選手全員が行き先を無くした。自身も30歳を目前にして、現役として続けられるのかの岐路にあった。そんな時、16人の選手をチームごと引き受けたのが東電だった。05年、マリーゼが誕生した。

 選手であり社員。午前中は双葉町のチーム寮から広野火力発電所に通勤し、作業服姿で見学者に発電所内を案内する。午後は、ユニホームに着替え、広野町と楢葉町にまたがるサッカー練習施設「Jヴィレッジ」で汗を流した。

 東電が建て、福島県に寄付したJヴィレッジは、青々とした天然芝が広がるスタジアム。女子サッカーは、いまのような知名度こそなかったが、マリーゼの試合には多くの観客が訪れた。「まっすぅ」。ピッチには、自分を応援してくれる声がよくきこえた。

 09年の年末、現役を引退した。コーチに転身することも考えたが、東電に残ると決め、発電所で働き続けた。チームは翌10年、2年連続のリーグ3位に。「来年こそ優勝」。そう思っていた矢先の11年3月。福島第一原発事故が起きた。

 広野町は政府の避難指示は受け…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら