拡大する写真・図版 30日に閉店する「そごう柏店」。最上階14階に回転展望レストランがある=柏市柏1丁目

[PR]

 JR柏駅東口にある「そごう柏店」が30日、閉店する。千葉県柏市の商業の発展を象徴する「駅前の顔」が43年の歴史に幕を閉じる。地元が心配しているのは閉店後の建物の活用方法だ。現時点で買い手は見つかっておらず、見通しも立っていない。当面、11階のテナントが営業を続けるが、実質、巨大な「空き家」ができる。

 同店は1973年10月に開業。本館(14階建て地下1階)のほか隣接する建物の一部を別館として使ってきた。本館は地下1階から3階の半分までが地元地権者約40人の所有。残りの約7割を運営する「そごう・西武」が持つ。市商工振興課の小島利夫課長は「駅前の象徴。巨大な施設が空き家になり、真っ暗になるのは避けたい」と話す。

 市は5月27日に柏商工会議所、市商店会連合会との連名で、そごう側に閉店後の活用を早期に決定するよう要望書を提出。7月13日にそごう側から新たな商業施設にする方向で検討しているとの回答があった。

 市や関係者によると、そごう側は不動産の売却に向けて商業施設の開発・運営を担う企業と交渉。そうした中、親会社のセブン&アイ・ホールディングスのグループ企業が有力になり、その企業が市に「市が上層階を使えないか」と打診してきた。市はその企業と上層階の利用について協議してきたが、9月以降は話し合いもなく、まったく進展がない状態だという。

 一方で、地権者側は閉店発表後…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら