[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は29日、大会の関係団体長による調整会議で、自転車、トライアスロンなど公道を使う競技を交通量の多い平日に実施するのは難しいとして、競技日を祝日にしたり、暑さ対策も兼ね大会期間中にサマータイム(夏時間)を導入したりする検討を進めるよう国や東京都に要望した。

 平日開催は警察当局から「問題が多い」として難色を示されているという。リオデジャネイロ五輪ではリオ市内のみ休日を設けたこともあり、丸川珠代五輪担当相は記者団に「全国で一律にやるべきものかどうなのかは、十分な検討が必要と思う」と話した。

 また森会長は、築地市場(東京都中央区)から豊洲市場(江東区)への移転延期問題について、移転後の築地市場跡地は大会関係車両の駐車場として利用することが招致に成功する前から決まっていたと明らかにした。

 築地市場跡地は国際オリンピッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも