[PR]

 「和食さと」など飲食店427店舗をチェーン展開する「サトレストランシステムズ」(大阪市中央区、重里欣孝社長)が系列店で違法な長時間残業をさせ、残業分の割増賃金を支払わなかったとして大阪労働局は29日、同社と店長ら5人を労働基準法違反(長時間労働)などの疑いで大阪地検に書類送検し、発表した。

 労働局によると、大阪府内にある同社の系列店「和食さと」「すし半」「さん天」の計4店舗などの店長ら40~50代の5人は2015年1~11月、社員やアルバイト計7人を、労使協定で決めた残業時間(月40時間)を超えて残業させた疑いがある。残業はそれぞれ月最大で49~111時間だった。うち2人の店長は従業員3人に、残業分の割増賃金各約3万4千~22万5千円を支払わなかった疑いがある。

 全国の労働局は同社の系列店に対し08年以降、計18回長時間残業などの指導を繰り返しており、従業員からの情報提供を受けた大阪労働局が送検した。

 同社は今年3月に委員会を立ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら