[PR]

 大阪府南部の突堤2カ所で釣り人が海に突き落とされた事件で、府警は30日、府内の中学2年生2人と1年生1人の計3人を傷害と暴行の非行内容で児童相談所に書類送致し、発表した。24日に別の中学2年生1人を含む12~13歳の少年4人を補導して児相に要保護児童として通告。少年らは一時保護されていた。

 リーダー格の少年(13)は「人が海に落ちる瞬間やびっくりする顔、おぼれる顔を見て楽しもうと思った」と話し、全員が非行内容を認めているという。事件の2日前、この少年宅に集まり、「海に人を突き落とそう」と相談。当日は突き落とす瞬間の動画をスマートフォンなどで撮影したが、「ニュースを見て怖くなり、その日に消去した」と話しているという。

 少年課によると、少年らは19日午前6~7時、岸和田市木材町の突堤で、中学2年の男子生徒(13)=同府和泉市=の右肩を押して1・2メートル下の海に転落させ、7時5分ごろには約2キロ北の忠岡町新浜2丁目の大津川河口付近の突堤で、会社員男性(56)=同府八尾市=の背中を押して1・5メートル下の海に突き落とし、腰のねんざなど2週間のけがをさせた疑いがある。

 岸和田市では、友人と釣り中の男子生徒に少年らが「えさをあげる」と言って一度立ち去った後に突き落とし、忠岡町では会社員男性に「釣れていますか」と声をかけ、いきなり突き落としたという。防犯カメラ映像などから同一グループの犯行とみて調べていた。