[PR]

南十字星の下で

 日本で、はちみつの「マヌカハニー」が大人気だという。健康食品として受けており、いろいろな商品が出回っているようだ。

 「マヌカ」はフトモモ科の常緑低木で、ニュージーランド(NZ)と、オーストラリア南東部の原産だ。英語の通称では「ティーツリー(Tea tree)」、日本語では「ギョウリュウバイ」と呼ばれる。このマヌカの花だけからとれたはちみつがマヌカハニーで、粘度と風味がとても強い。

 マヌカハニーには、「メチルグリオキサール」という有機化合物が含まれる。まだ研究が始まってから日が浅いようだが、この成分のために殺菌作用が高いのだとするデータもある。効用や成分との因果関係などについては、これからもっと多様な実験結果が示されるかもしれない。

 この「マヌカ」という名称をめぐって最近、NZとオーストラリアの間で小競り合いが起きた。NZのマヌカハニー業者団体「ユニーク・マヌカ・ファクター・ハニー協会」が、知的財産局に「マヌカハニー」の国際商標登録を申請したためだ。

 同協会は、「『マヌカ』はNZの先住民マオリに由来する言葉であり、それを使う権利は保護されるべきだ。フランスのシャンパーニュ地方だけがシャンパンをつくれるように、マヌカハニーと名乗れるのはNZ産だけだ」と主張。オーストラリア産のマヌカハニーについては「かわりに『ティーツリー・ハニー』と呼べばいい」としている。承認されたら、「オーストラリア産マヌカハニー」を売ることはできなくなってしまう。

 オーストラリア養蜂業協議会は当然、強く反対している。同協議会メンバーのトレバー・ホワイト氏は、オーストラリアの地元メディアに「同じ樹木はオーストラリアにもある。マヌカという名前は、南東部タスマニア州の(オーストラリアの先住民)アボリジニーによって、1800年代から使われていた」と話した。「オーストラリアの首都キャンベラには、『マヌカ』という地名もある」と主張するメンバーもいる。

 この手の「どちらが先か」とい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら