生前退位をめぐる天皇陛下のお気持ち表明をめぐり、横畠裕介内閣法制局長官は30日の衆院予算委員会で「一般論」と前置きしつつ、「憲法を改正しなければ、およそ退位による皇位の継承を認めることができない、ということではない」と答え、生前退位に憲法改正は必要ないとの考えを示した。さらに「ある法律の特例、特則を別の法律で規定するということは、法制上可能だ」と述べ、皇室典範を改正しなくても、特例法を制定することで生前退位を認めることができるとの考えを示した。民進党の細野豪志代表代行への答弁。(園田耕司)