[PR]

 中国国営新華社通信によると、10月31日午前11時半(日本時間午後0時半)ごろ、重慶市永川区の炭鉱でガス爆発が起きた。事故当時、坑内には35人がおり、2人は外に出たが、夕方までに15人の死亡が確認された。残る18人の行方は分かっておらず、地元消防などが救出作業を続けている。事故を重く見た同市の孫政才共産党委員会書記は、救出作業を急ぐとともに原因を調査するよう指示した。(上海=冨名腰隆)