【動画】ノーベル医学生理学賞の受賞発表から一夜明け、取材に応じる東京工業大の大隅良典栄誉教授=川村剛志撮影
[PR]

 ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)は4日早朝、東京都目黒区の同大で報道陣の取材に応じた。受賞の実感を問われ、「まだ昨日の延長のよう。のんびり家に帰った時に心境の変化があるかな」と話した。午前11時からは、妻万里子さん(69)と記者会見に臨んだ。

 3日の受賞発表後は神奈川県内の自宅には帰らず、東京都内のホテルに宿泊。睡眠は3時間半ほどしかとれず、新聞やテレビもゆっくり見る時間がなかったという。自身の受賞を伝えるテレビのニュース番組で研究室のメンバーがビールで乾杯しているのを見て、「加わりたいなと思った」という。

 受賞でギリシャ語で自食作用を意味する「オートファジー」という言葉が一般の人にも広く知られるようになった。研究を始めたころは「必ず(オートファジーとは)何ですかと聞かれ、説明をしないといけなかった」と苦笑いした。

 日本の学術雑誌に書いた原稿について、ちょうど洗濯機のCMであいまいさを意味するファジーがはやっていた頃で、編集者から「紛らわしいのでオートファジーという言葉を使わないように言われた」と振り返った。

 オートファジーの仕組みの理解…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース