[PR]

 古着の買い取りや販売を手がける事業者が増えている。若い世代を中心に古着への抵抗感は薄れ、市場もじわりと広がっているためだ。事業者は利便性や信頼感を売りに、様々なサービスを投入して新たな顧客を呼び込んでいる。

 洋服通販サイト「ZOZO(ゾゾ)TOWN(タウン)」を運営するスタートトゥデイは古着の買い取り・販売サイト「ZOZO(ゾゾ)USED(ユーズド)」を2012年に始めた。利用者が、不要な衣類を袋に詰めて宅配便で送ると、査定された金額が利用者の口座に振り込まれる。専用の袋や送料は無料。買い取った衣類はサイト上で販売される。

 現在、サイトには常時60万着の古着が掲載され、毎日1万点が追加。30代女性を中心に支持を集め、13年3月期に9億円だった売上高は16年3月期に80億円まで増えた。同社の担当者は「リユース(再利用)を当たり前の文化にしたい」と意気込む。

 ブックオフは、子会社で実施する買い取りサービス「ハグオール」の買い取り窓口を、昨年から三越や高島屋にも設けた。ブックオフではほとんど取り扱わない高級ブランドのバッグや洋服を扱うことで市場の拡大をねらう。窓口は現在3店舗。訪問しての買い取りと合わせ、1カ月で6万~7万点を買い取る。「質屋や路面店に入りづらいお客様が、『百貨店なら』と安心して来てくれる」(広報)とし、今後も百貨店内に広げていく予定だ。

 「おしゃれ感」をアピールするのは、リサイクルショップ「パス・ザ・バトン」。スープ専門店「スープストックトーキョー」を創業した遠山正道氏が立ち上げた。東京・表参道や京都・祇園などの3店舗には、個性的なアクセサリーや洋服が並び、ブティックと変わらない雰囲気だ。

 オリジナルとリユースの商品を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら