[PR]

 非常に強い台風18号は4日、沖縄の北の東シナ海を北上した。沖縄県久米島町では4日に最大風速48・1メートルを観測し、観測史上1位の値を更新した。台風は5日朝には対馬海峡に進み、5日夕から6日にかけて北陸地方から東北地方に接近して上陸する恐れがある。気象庁は川の氾濫(はんらん)や土砂災害などに警戒を呼びかけている。

 台風18号は5日午前0時現在、東シナ海を時速30キロで北に進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。

 西日本や東日本の広い範囲で5日にかけて雷を伴った激しい雨が降り、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込み。5日夕までの24時間雨量は九州北部の多いところで180ミリ、九州南部、四国で150ミリと予想される。