[PR]

 松山市内の女子大学生の自宅マンションに侵入したとして先月に逮捕、起訴された男が、女子大学生の部屋の鍵に刻まれている「鍵番号」をもとにインターネットで入手した合鍵を使って侵入していたことが、愛媛県警への取材でわかった。

 県警によると、男は松山市久万ノ台の愛媛大学医学部付属病院契約職員、村上隆幸被告(44)。逮捕容疑は、9月10日午後9時20分ごろ、同市の女子大学生(20)が住むマンションの一室に侵入したというもの。村上被告は侵入後、帰宅した女子大学生と鉢合わせして逃走。その日に県警に自首し、翌日逮捕された。「女性の私生活が見たかった」と認めているという。

 村上被告は事件前、マンションの管理会社を装って女子大学生の部屋を訪れ、鍵を見せるよう求めて鍵番号をメモしたとみられている。今回の合鍵以外にも別に7本のマンションの合鍵を所持しており、県警は一部は同様の手口で作ったとみている。

 錠取扱業者でつくる「日本ロッ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら