[PR]

 強い台風18号は5日正午現在、長崎県対馬市の北約120キロを時速45キロで北東に進んでいる。5日夜の始めごろから6日未明にかけて北陸地方から東北地方に接近し、上陸する恐れがある。中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。気象庁は土砂災害や川の氾濫(はんらん)などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、西日本では5日夜遅く、東日本では6日明け方にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る可能性がある。6日昼までの24時間雨量は、四国、近畿の多いところで200ミリ、東海、北陸、関東甲信で150ミリ、東北で100ミリと予想されている。