[PR]

 コンビニ大手のローソンが、銀行業参入に向けた準備会社を11月にも設立することがわかった。新会社にはローソンが95%、三菱東京UFJ銀行が5%を出資する方向だ。近く金融庁に銀行免許を申請し、2018年中の参入を目指す。すでにローソンは全国約1万3千店の店舗のほぼ全てにATM(現金自動出入機)を設置しており、提携する銀行口座の預金引き出しなどができる。自ら銀行業に参入することで、口座を開設してもらい、利用者に電子マネー「Ponta(ポンタ)」のポイントを付与するなどして来店増につなげることが可能になる。

こんなニュースも