[PR]

 日本郵政が運営する「かんぽの宿青梅」(東京都青梅市)が今年5~7月に開いた北海道フェアで、宿泊客に対し、「道産」と記載しながら外国産のカニや他県産の野菜を出していた。同社への取材でわかった。同社は「道産を十分に仕入れることができなかった」と認め、期間中の宿泊客約2200人におわび状と商品券を近く送るという。

 日本郵政によると、かんぽの宿青梅は5月11日~7月17日、「北海道祭り!」と題したフェアを開催。提供するズワイガニについてホームページなどで「北海道産」と記していたが、実際には一時期、約3割安いノルウェー産を使っていた。またアスパラガスも道産と明記しながら、福島産や茨城産が含まれていた。このほかサケ、イクラ、メロンも道外産や外国産だったという。指摘を受けて調査し、判明した。

 日本郵政は「仕入れの見通しが甘く、道産でないものを提供せざるを得なかった。お客様への説明が不十分だった。誤認された方がいれば申し訳ない」としている。運営するかんぽの宿全48施設に対し、産地の確認を呼びかけたという。

 また、「毛ガニ」としていたカニの一部が、別種で格安の「クリガニ」だった可能性があるとの指摘もあり、日本郵政は追加の調査を検討するという。

 日本郵政は2013年、かんぽの宿など17施設でメニューなどに不適切な表示があったと発表。「かんぽの宿青梅」では既製品を「手作りハンバーグ」として提供していた。(古城博隆)