[PR]

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)は6日、阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングと資本業務提携し、傘下のそごう・西武が関西に持つ百貨店3店舗を譲り渡すことで基本合意した、と発表した。H2Oの発行済み株式の3%に相当する約57億円分の株式を互いに持ち合って関係を強化する。

 資本業務提携は、セブン&アイHDを長く率いてきた鈴木敏文・前会長の退任を受け、5月に就任した井阪隆一社長が打ち出した中期経営計画の柱。不振の百貨店事業の立て直しを急ぐ方針だ。

 H2Oに譲渡するのは、旗艦店の一つだったそごう神戸店(神戸市)と、小型店のそごう西神店(同)と西武高槻店(大阪府高槻市)。譲渡の時期や金額などは今後協議する。そごう広島店(広島市)など、ほかの地方店舗は「差し当たっては継続する」(井阪氏)としている。

 また、H2O傘下の百貨店など…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら