吉本新喜劇の座員で、「おじゃましまんにゃわ」のギャグで知られた井上竜夫(いのうえ・たつお、本名井上龍男〈いのうえ・たつお〉)さんが5日午前4時20分、高度肺気腫のため兵庫県西宮市の病院で死去した。74歳だった。葬儀は近親者で営まれた。喪主は妻美重子さん。

 兵庫県尼崎市出身。1959年に松竹新喜劇の曽我廼家(そがのや)五郎八に入門し、喜劇役者の道に。63年に吉本興業に入り、吉本新喜劇の役者として活躍した。愛敬のある老け役で人気を博し、「竜じい」の愛称で親しまれた。

 吉本興業によると、2015年2月に大阪・なんばグランド花月であった本公演が最後の出演。その後は入退院を繰り返していたが、15年12月のファン感謝イベントでは元気な姿を見せていたという。