[PR]

 小沢一郎、山本太郎両共同代表が率いる生活の党と山本太郎となかまたちが、「自由党」への党名変更を検討していることが、7日わかった。党員らに賛否を問う郵送アンケートを実施中で、12日に両院議員総会を開いて決める。

 同党は所属する衆参国会議員が5人で、政党要件をぎりぎり満たす小所帯。「年明け解散」の臆測が飛び交うなか、「このままの態勢で総選挙に漫然と臨むのではなく、党の刷新や選挙態勢を整える」(小沢氏)ため、両代表が協議して党名を変えることにした。党幹部によると「自由党」は、旧自由党党首だった小沢氏の意向という。

 旧自由党は1998年、小沢氏が前年末に新進党を解党して結成、党首に就いた。自民党や公明党との連立政権の一角を占めたが、00年に離脱。03年に当時の菅直人代表が率いる民主党と合併した。(関根慎一)