写真・図版

[PR]

 幼い頃、少なからぬ人が経験した「おねしょ」。成長につれ自然に治ると放置しがちですが、近年、積極的な治療が有効なことが分かってきました。専門医らは、悩む親子たちに早めの受診を呼びかけています。

 「おねしょはれっきとした病気。本人のせいでもしつけの問題でもなく、治せると言われ、親子で本当にほっとした」

 3年前、武蔵村山病院(東京都武蔵村山市)小児科にある夜尿症の外来を受診した、都内のパート女性(43)は当時の安堵(あんど)感をこう振り返る。

 当時小学3年だった長男は週に3、4回、布団までぬらすおねしょがあった。おむつを卒業済みの四つ下の妹に悟られないよう、寝具の洗濯をするのが女性の日課。カリカリしないよう心がけていたが、申し訳なさそうな長男の顔や宿泊を伴う高学年の校外学習が気になり始めていた。

 そんなとき、かかりつけ病院で「おねしょ、治療できます」の貼り紙を見つけた。専門外来の主治医は、日本夜尿症学会の理事長で、順天堂大練馬病院小児科先任准教授の大友義之医師。まず、夕食後の水分制限などの「行動療法」で生活習慣を見直し、服薬などの治療を開始。6年生になった今年6月、「完治」を告げられた。

 栃木県内の会社員男性(41)は小4の長男の治療で、自治医大とちぎ子ども医療センター(栃木県下野市)に通って1年になる。夜間に加え昼間のお漏らしが毎日あったが、生活改善やホルモン薬の服用などで現在は週の半分以下に。「病気のメカニズムや治るまでの道筋が分かり、もやもやが晴れた。答えが出ないまま家で悩んでいる人がいたら、ぜひ受診を」と話す。

「5歳以上」目安、生活改善併せ効果

 日本夜尿症学会は、おねしょの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら