【動画】1万5千人が参加した「那覇大綱挽」=小山謙太郎撮影
[PR]

 那覇市中心部の国道で9日、「那覇大綱挽(おおつなひき)」があり、約1万5千人(主催者発表)が太さ1・5メートル、全長200メートルの大綱を東西に引き合った。15世紀に始まり1935年に途絶えた後、本土復帰前年の71年に復活した伝統行事だ。

 ワラでつくった2本の大綱を木製の頭貫棒(かぬちぼう)でつなぎあわせ、その大綱に結びつけた細い綱を参加者が東西に引っ張り合った。約30分の熱戦の末、「西」が優勢勝ちし、歓声が上がった。

 米軍関係者や中国人観光客の参加も目立ち、英語と中国語で「You can do it!」「加油(チアユー)!」と、「頑張れ」を意味するアナウンスが会場に響いた。中国・上海市から来た王綺萍さん(60)は、「ネットで知り、初めて参加した。いい土産話になります」と、綱引きで真っ赤になった手を見せた。(小山謙太郎)

関連ニュース