[PR]

 災害時に障害がある人をどう支援すればいいのか――。自身も聴覚障害がある女性漫画家が、支援マニュアルをアニメにした。インターネットの動画サイトに公開して半年あまり。アクセスは6万6千件を超えた。熊本地震の被災地でも反響を呼んでいるという。

 アニメの制作者は、NPO法人「MAMIE」(大阪市淀川区)代表の安藤美紀さん(47)。「聴覚障害者の災害時に困ることって?」と題した約10分間のアニメを、3月末に「YouTube」に公開した。

 アニメでは、障害者が災害時に直面しやすい危険や苦労を紹介している。寝室で消防のサイレンを聞いた子どもが、聴覚障害で気づかない母親を起こして避難する場面は、17年前に安藤さん宅の近くで火事が起きた実体験にもとづく。避難所で職員の声が聞き取れずに支援物資を受け取れない場面は、東日本大震災で避難した聴覚障害者の話を参考にした。

 安藤さんは生まれつき聴覚に障害がある。子どものころ、文字を覚えるために作った絵カードや絵日記がきっかけで描画が好きになり、17歳で少女漫画雑誌の新人漫画賞の努力賞に選ばれた。

 2004年にMAMIEをつくり、障害児向けのパソコン教室を開いたり、聴覚障害や聴導犬への理解を促す漫画を描いたりしてきた。2年ほど前からは地元の社会福祉協議会とともに、聴覚・視覚障害者向けの支援マニュアルを漫画にして無償で配布。より広めようとアニメを作った。

 熊本地震の被災地でもアニメは評判になった。マニュアルも4月以降、ボランティア団体などを通じて約3千部が配られた。安藤さんは「障害がある人、ない人両方に読んでもらいたい。障害がある自分だから描ける漫画を作っていきたい」と話す。アニメはMAMIEのホームページ(http://www.mamie.jp/別ウインドウで開きます)でも閲覧できる。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(古庄暢)