[PR]

 津市内の14歳の少年に意識不明になる暴行を加えたとして、三重県警鈴鹿署は10日、いずれもとび職で同県鈴鹿市の少年(16)と津市の少女(17)を傷害容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、少年と少女は共謀し、10日午後1時ごろ~3時ごろ、鈴鹿市郡山町の太陽の街中央公園のトイレや芝生の上で、津市河芸町の中学2年、森祥太さん(14)の全身を殴ったり蹴ったりし、急性硬膜下血腫などの傷害を負わせた疑いがある。

 2人は「(被害者が)少女の友人の後輩をいじめたので、腹を立ててやった」と供述している、と同署は説明している。同日午前11時ごろ、少女が森さんと共通の友人の少年(18)を介し、LINEで森さんを少年の自宅へ呼び出した。3人で話をした後、公園に移動したという。