[PR]

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は11日、傘下の着物販売全国チェーン「さが美」について、投資ファンドのアスパラントグループによる株式公開買い付け(TOB)が完了したと発表した。さが美は旧ユニーグループHDの傘下だったが、ファミリーマートとの経営統合に伴う事業再編で売却手続きを進めていた。

 TOBは8月18日から開始し、この日締め切った。アスパラントはさが美の株を1株当たり56円、総額12億円で買い取った。

 さが美の売却をめぐっては、投資ファンドのニューホライズンキャピタルもアスパラントを上回る1株90円での買収を提案していたが、ユニー・ファミマHDは「さが美との信頼関係が築けていない」などとして、応じなかった。ニューホライズンの安東泰志会長は記者会見し、「我々の提案を真摯(しんし)に検討しなかった」と批判した。