[PR]

 札幌市北区で2010年3月、認知症高齢者向けグループホーム「みらい とんでん」が全焼し、入居者7人が死亡した火災で、業務上過失致死罪に問われた運営会社代表の谷口道徳被告(58)=同市中央区=に対し、札幌地裁(金子大作裁判長)は14日、「火災の原因は特定できない」などとして無罪(求刑禁錮2年)を言い渡した。

 判決によると、火災は10年3月13日午前2時15分ごろ発生。グループホーム1階のストーブ付近から出火して2階建ての建物延べ約250平方メートルが全焼した。

 検察側は、男性入居者がストーブの上にパジャマなどを置いたため出火したと主張。危険な行動を取りかねない入居者がいるのに適切な措置をとらなかったと訴えた。一方の弁護側は「火災の原因は不明で、危険は予測できなかった」として無罪を主張していた。

 裁判では、1人で夜勤をしていた女性職員が、出火したストーブの近くで男性入居者がパジャマを脱いだ状態で立っているのを見たと証言した。しかし判決は、「明かりが消えた状態で、短時間目にしたにとどまる」と指摘。短時間しか自立歩行できない男性が1人でストーブまで歩き、火勢が強くなるまで立っていたのは不自然だなどとして、この職員の証言の信用性は低いと判断した。

 また、北海道警がストーブに衣類を載せて実施した燃焼実験について判決は、火力を最大にしたままにしており、衣類の発火や燃焼が進みやすい条件で実施された疑いが強いと指摘。実際には、ストーブは室内温度の変化に応じて自動的に火力が変動する状態だったとみられ、この実験の証拠価値は大きくないとした。

 こうした点を踏まえて判決は、男性がパジャマなどを置いたことが火災につながったとは認められず、火事の原因が特定できないため、谷口被告の過失は問えないと結論づけた。(森本未紀)