[PR]

 大阪府警は12日、8月に同府寝屋川市のパチンコ店で落ちていた財布から4万2千円を盗もうとしたとして、八尾署交通課の男性巡査部長(55)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にし、発表した。巡査部長は同日付で依願退職した。

 監察室によると、巡査部長は財布を持ち去り、トイレで現金を抜き取った後もパチンコを続行。防犯カメラから本人と判明し、現金を持ち主の男性会社員(60)に返した。府警は会社員が被害届を出さなかったことなどから、窃盗容疑での書類送検などは見送った、と説明している。