[PR]

 けがをした野鳥を見つけたら、どうしたらいいだろう。動物病院で見てもらう、動物園に運ぶ、自治体に連絡する……。もしくはそのままにしておく方がいいのだろうか。今月上旬、頭を悩ませるそんな場面に出くわした。

 秋田市内の山林近くを車で走っていたとき、道路上に猛禽(もうきん)類と思われる野鳥を見つけた。傷ついた翼に血がこびりつき、飛べないようだ。放っておけば車にひかれてしまうと思い、服で包み、近くの動物病院へ車を走らせた。

 だが、その動物病院では、鳥は「診療対象外」だった。鳥を診療できる他の病院を聞いて連絡してみたが、今度は「ペットは見るが、野鳥は見ることができません」。病気や寄生虫を持っている恐れがあるからという。最後にたどり着いたのが、五城目町にある「鳥獣保護センター」だった。約50分かけて運び、保護してもらった。鳥はハヤブサ科のチゴハヤブサだった。

 同センターは鳥獣保護区に指定…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら