ANSA通信によると、ダリオ・フォさん(イタリアの劇作家、俳優)が13日、ミラノの病院で死去、90歳。97年にノーベル文学賞を受賞した。

 伊北部サンジャーノ生まれ。ラジオ番組の制作や軽演劇の俳優から出発し、50年代に本格的に劇作を始めた。しだいに政治色を強め、麻薬、テロ、宗教などをテーマにした喜劇を発表。反体制の姿勢を貫き、痛烈に現代社会を風刺した。代表作に「ミステーロ・ブッフォ」「アナーキストの事故死」「払えない、払わない」など。最近、新作「ダーウィン」を発表したばかりだった。(ローマ)