[PR]

 コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは、2018年にも沖縄県に出店する方針を固めた。県内の食品会社などと提携し、300店ほどの出店をめざす。ファミリーマート、ローソンに続き、全都道府県での出店を果たすことになる。

 セブンは昨年、高知県と青森県、鳥取県に出店し、沖縄県が全国唯一の「空白県」となっていた。沖縄のコンビニは先行して進出したファミマとローソンが2強としてしのぎを削っており、セブンの進出でますます競争が激しくなりそうだ。

 親会社の「セブン&アイ・ホールディングス」によると、沖縄県に弁当や総菜の工場をつくり、「2~3年以内に出店する計画」という。工場での生産性を上げ、効率的な商品の供給ができるように、将来は300店ほどに拡大したい考えだ。

 セブンは現在、沖縄への進出に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。