[PR]

 15日午前10時40分ごろ、中部空港発香港行きの全日空875便(ボーイング737―700型機)が中部空港に引き返した。全日空によると、飛行中に通常とは異なる風きり音を確認したためという。乗員乗客89人にけがなどはなかった。

 飛行機は午前9時40分すぎに香港に向けて出発していた。同社は、機体を点検したところ、機長席の窓付近の部品に不具合が見つかったと説明している。部品の交換のため、同便は欠航となった。