[PR]

 東京・六本木のマンション改修工事の現場から鉄パイプが落下し、直撃を受けた通行人の男性が死亡した事故で、警視庁は15日、詳しい事故原因を調べるため、現場検証を始めた。

 この事故は14日午前9時50分に発生。改修工事のために設置した足場を解体する作業中、高さ約35メートルの10階部分から鉄パイプ(長さ約1・8メートル、幅約3センチ)が落下し、歩道を歩いていた東京都新宿区の無職飯村一彦さん(77)の頭に突き刺さった。

 事故当時、10階付近では作業員ら数人が作業していたといい、麻布署は作業手順や鉄パイプが落下した時の状況などについて作業員から事情を聴く。また、作業時に地上で通行人の誘導が適切に行われていたかどうかについても調べる方針だ。