[PR]

 目や耳が不自由な人が、字幕や音声ガイドで映画が楽しめるユニバーサルシアター「シネマ・チュプキ・タバタ」が9月に北区にオープンした。障害者向けの映画館は全国でも珍しい。障害のある人たちも映画を楽しんでほしい――。そんな思いが込められ、上映が続いている。

 「チャーリーもズボンに剣が刺さったまま敬礼しています」

 上映された喜劇王チャプリンの映画「街の灯」の一場面。登場人物の動きを説明する音声がイヤホンから流れ、目が不自由な観客もそうでない人も、一緒に笑った。

 視覚障害があり、盲導犬を連れ…

この記事は有料会員記事です。残り977文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り977文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り977文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース