[PR]

 愛知県一宮市で8月、パート従業員渡辺洋子さん(62)を殺害し金品を奪ったとして、強盗殺人容疑で逮捕された同県北名古屋市中之郷南、無職芥川誠容疑者(57)が犯行当日、レンタカーで渡辺さん宅を訪れていたことが、県警への取材でわかった。県警は、芥川容疑者が事前に移動手段を確保するために車を借り、計画的に犯行に及んだ可能性が高いとみている。

 県警の発表によると、芥川容疑者は8月26日ごろ、一宮市の住宅で渡辺さんの首を絞めて殺害し、現金が入った長財布や小銭入れなどを奪った疑いがある。「間違いない」と容疑を認めているという。

 県警によると、芥川容疑者が県内のレンタカー店で借りた車が同日、渡辺さん宅近くの防犯カメラに映っていたという。また、車の走行データにも渡辺さん宅へ向かった記録が残っていたという。県警は、車を所有していなかった芥川容疑者が移動手段の確保のために車を借り、現場へ向かって犯行に及んだとみている。