[PR]

 東京都の豊洲市場(江東区)の主な建物下に土壌汚染対策の盛り土がなかった問題で15日、8年ぶりに設置された都の専門家会議の初会合があり、建物下の空間の大気から、国指針の最大7倍の水銀が検出されたことが報告された。同会議は、健康被害の危険はないとみているが、測定を続けて原因を調べる。

 地下空間の大気は、都が先月29、30日と今月6、7日の2回、市場の主な5施設で水銀、ベンゼン、シアンを対象に調査した。水銀は、指針値の1立方メートルあたり0・04マイクログラムに対し、2施設で同0・044~0・28マイクログラムを検出。最大で7倍だった。ベンゼンは環境基準値以下で、シアンは「不検出」だった。

 指針値は「健康リスクの低減」を目的に国が示す指標で、事業者の排出抑制目標などに用いられる。2003年に環境省の審議会は「短期的に上回っても直ちに健康に悪影響があるものと解するべきではない」とした。

 この日の会合で、委員は「健康に影響が出る数値ではない」との見方で一致したが、水銀検出の原因は解明されなかった。地下空間にたまった水から揮発した可能性も含め、計測を続けて判断するという。

 会合は、築地市場の仲卸業者ら約100人が傍聴。冒頭、15日付で就任した担当部局の村松明典・都中央卸売市場長が謝罪した。会議座長の平田健正・放送大和歌山学習センター所長は「専門家会議は責任の追及の場ではない。現状を把握して、どう対策をすれば安全か検討する」と述べた。市場内の主な2棟を結ぶ通路地下に残る高濃度の汚染物質についても議論され、今後、従来の対策を検証することになった。

 質疑応答に参加した業者らからは「だまされたという思い」「全く信用できない」など都への批判が続出した。「怖いのは風評被害。小池知事の『安心安全宣言』を求めてほしい」という意見も出た。(小林恵士、伊藤あずさ、西本ゆか)

こんなニュースも