[PR]

 プロ野球日本ハムの大谷翔平(22)が16日、札幌ドームでのソフトバンクとのパ・リーグクライマックスシリーズ最終ステージ第5戦で、プロ野球最速となる165キロをマークした。これまでの最速は、自身が今季レギュラーシーズンで出した164キロだった。

 救援登板した九回に、1死で迎えたソフトバンクの吉村への初球に記録。続く本多の3球目と6球目にも計測し、計3度記録した。

 ギネス世界記録の最速は、大リーグのチャプマン投手(現カブス)の105・1マイル(約169・14キロ)が認定されている。