[PR]

 国土交通省は、米国で発火事故が相次ぐ韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」について、航空機への持ち込みを禁止するよう、国内の航空各社に指示した。米当局が機内持ち込みを禁止したのを受けた措置で、指示は15日付。

 国交省は、発火事故の発覚以降、電源を切ることや、手荷物として預けないことを条件に機内持ち込みを認めていたが、対応を強化することにした。

 「ノート7」は、米国でバッテリーの不具合による発火事故が相次いでいた。回収・無償交換を終えた製品でも発火が報告され、サムスン電子は生産、販売を停止。日本では発売されていない。