[PR]

 生涯の伴侶を求めて結婚相談所の会員になった60代の男性は、一回り以上年下の女に好意を抱いた。ところが女は結婚詐欺師。好意を逆手に3千万円近くをだまし取るが、いつしか女の心境に変化が生じ始めた。

 5月16日、千葉地裁八日市場支部で開かれた初公判。スーツ姿で法廷に現れた無職の女(52)は、茶髪に赤い縁のメガネをかけていた。だまし取ったとされる金額の一覧表を検察官から示され、じっと見つめた。

 裁判官「間違いありませんか」

 女「はい」

 起訴状によると、無職女は、結婚相談所の経営者の女(52)=詐欺罪で懲役2年が確定=と共謀し、2013年11月から14年11月、会員の男性(66)から6回にわたり計約2900万円をだまし取ったとされる。

 判決などをもとに、事件の経緯をたどる。

 11年冬ごろ、女は結婚相談所の会員になった。当初はまじめで良い人がいたら結婚したいと思った、という。

 13年10月6日の婚活パーティー。女は一人の男性に目をとめた。間もなく女は、結婚相談所の経営者の女とともに、この男性に現金を要求し始めた。

 最初に金の話をしたのはパーティーから12日後の10月18日。男性と女が東京・品川のしゃぶしゃぶ店で食事をした際だった。

 女「300万、支援してほしい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら