[PR]

 豊橋市は、NHK朝の連続テレビ小説の誘致に乗り出した。主人公は、作曲家古関裕而(こせきゆうじ)氏=福島市出身=の妻で豊橋出身の金子(きんこ)さん。古関氏は、1964年の東京五輪で開会式の行進曲「オリンピック・マーチ」を手掛けた。2020年の東京五輪・パラリンピックを盛り上げ、東日本大震災の復興をアピールする狙いがある。

 金子さんは1912年、豊橋市小池町付近で陸軍に物資を納める商店の家に生まれた。地元の豊橋高等女学校(現・県立豊橋東高校)に進み、学生時代はオペラ歌手を目指していたという。

 18歳の時、新聞記事で古関氏が国際作曲コンクールで入賞したことを知った金子さんが手紙を書いたことから文通が始まり、半年後、古関氏と結婚した。

 古関氏は、金子さんと結婚した…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら