[PR]

 原発事故に伴う除染作業で、福島県二本松市の業者が、法定の特別教育を作業員にせずに「修了書」を交付し、無資格者に作業をさせていたことがわかった。不正発行した修了書は100枚以上とみられ、福島労働基準監督署は特別教育をするよう是正勧告した。

 勧告を受けたのは、福島市内で除染作業の4次下請けをしていた「ゼルテック東北」。労基署は、労働安全衛生法や除染電離則違反の疑いで10月19日から立ち入り調査をしている。

 東京電力福島第一原発事故の除染作業は、放射性物質に汚染された土壌などを扱うため、事業者に対し、健康への影響などについて計5時間半以上の特別教育を作業員にするよう、労働安全衛生法に基づく厚生労働省告示で規定している。違反した場合、6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が定められている。

 代表者(52)や関係者による…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら