[PR]

 北海道足寄町の温泉旅館「オンネトー温泉 景福」で2014年10月、宿泊客の東京都内の男性(52)が入浴中に浴槽内で倒れ、硫化水素ガス中毒とみられる脳機能障害で重体に陥る事故があった。道警は温泉に含まれる硫化水素ガスの安全管理が不十分だった可能性があるとみて業務上過失傷害の疑いで捜査。事故を受けて、環境省は硫化水素を含む温泉の安全対策について、国の基準を見直す方向で検討を始めた。

 旅館は事故後に自主休業し、現在は入浴できない。

 環境省によると、一般客が利用する温泉では1960年代以降、浴槽内で死亡や重体などの重大な中毒事故の記録は見当たらない。事態を重視した環境省は今年9月に再発防止に向けて専門家による検討会を設置し、年度内に濃度の測定や換気など設備の構造について新たな基準をまとめる方向で検討している。

 地元の消防や医療関係者、男性…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら