[PR]

 県は20日、高病原性鳥インフルエンザの発生を想定した家畜防疫演習を実施した。県や関係市町村の約200人が参加した。

 防疫マニュアルにもとづく作業手順の確認や職員・関係機関との連携強化が目的。年2回ほど実施されており、4月には口蹄疫(こうていえき)の発生を想定して実施された。

 今回は、児湯地域の大規模養鶏農場で高病原性鳥インフルエンザが発生したとの想定。県庁に県対策本部、高鍋町の児湯農林振興局に現地対策本部をそれぞれ設置して行われた。

 県庁の対策本部では発生の一報…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら