[PR]

 今年6月、ラグビーのスコットランドが27年ぶりに来日するのを前に、亡くなられた平尾誠二さんは体調がすぐれない中、電話で朝日新聞のインタビューに答えてくれた。

 1989年5月、東京・秩父宮ラグビー場で、日本代表はスコットランドに28―24で勝ち、世界の強豪から初勝利を挙げた。金星を挙げた当時のチームの主将が平尾さんだった。

 スクラムで優位に立ち、用意してきたプレーでトライ。そして、火の出るようなタックルの繰り返し。「試合のビデオは10年以上見ていませんが、話を聞いてもらうと、その時の状況がね、こう、浮かびますわ」。昨日の出来事のように、詳しく振り返ってくれた。

 その当時、日本代表監督だった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら