[PR]

 中国を訪問中のフィリピンのドゥテルテ大統領と習近平(シーチンピン)国家主席が20日、北京で会談し、南シナ海の領有権問題について、対話を通じ「摩擦を適切に処理する」ことで一致した。南シナ海での中国の権利主張を否定した常設仲裁裁判所の判決については表だって議論されなかった模様だ。ドゥテルテ氏は、南シナ海問題の本格協議を棚上げし、中国からの経済支援や関係改善を優先させた形だ。

 フィリピン大統領府によると、習氏からフィリピン側に対し、麻薬中毒者更生施設などのプロジェクト向けに90億ドル(約9330億円)の融資が約束されたという。

 ドゥテルテ氏が南シナ海問題の本格協議を棚上げしたことで、判決を根拠に中国の人工島建設など実効支配を強める動きを批判してきた日米などは、戦略の練り直しを迫られそうだ。

 習氏は会談で、南シナ海問題を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも