[PR]

 関西空港の保安検査場で韓国サムスン電子のスマートフォンの新機種「ギャラクシーノート7」から煙が出るトラブルがあったことが国土交通省への取材で分かった。同省によると、国内の空港でのトラブルは初めてという。

 同省によると、18日昼ごろ、国際線の保安検査場で、ノート7を持った外国人旅行者に係員が「持ち込みできない」と指摘。この旅行者がバッテリーを無理やり外そうとしたところ、煙が出たという。

 8月に韓国や米国で発売されたノート7は、バッテリー不具合による発火事故が相次いでおり、同省は今月15日付で、航空機への持ち込みを禁止するよう国内航空各社に指示していた。日本では発売されていない。

こんなニュースも