[PR]

 藤沢市環境部は、不法投棄や落書きなどの情報を現場から写真付きのメールで集め、データをウェブサイト上で一覧できる新システムの試行を始めた。これまでファクスなどに頼っていた作業が大幅に効率化され、正確な位置情報で素早い対応につながるという。

 「藤沢みんなのレポート」(通称「みなレポ」)と名付けられた新システムは、藤沢市にある慶応大学SFC研究所が開発。環境部の職員15人が、GPS機能を備えたスマートフォンやタブレット端末を使い、現場の情報を送信する。位置情報も伝えられるため、急を要する悪質な不法投棄にもすぐに対応できる。

 10月から試行。資源を回収する場所の様子なども含め、2週間ほどで約400件の情報が集まった。

 集めたデータはSFC研究所も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら