[PR]

 フィリピンのドゥテルテ大統領が中国訪問中に「(同盟関係にある)米国とは別れた」と発言したことが波紋を広げている。南シナ海での中国の動きに神経をとがらせる米国は、高官を派遣して説明を求める構え。比政府内でも、真意を測り切れていないようだ。

 ドゥテルテ氏は20日、北京での講演で「米国とは別れました。軍事的に、そして経済面でもです」と述べた。

 これに対し、米国務省のカービー報道官は20日の会見で「米国とフィリピンが築いてきた友好関係とは相いれない」と疑問を呈し、比政府に「ドゥテルテ氏の真意について説明を求める」と語った。同省はラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)が22~25日に急きょマニラを訪問すると発表。「説明を受ける機会になる」(カービー氏)という。

 比政府の当局者らも振り回されている様子だ。アンダナール広報担当相は発言について21日、朝日新聞に「もちろん私も賛同する。経済面は関係を一新するつもりだ」としつつ、「軍事面については……、調整が必要だ」と口ごもった。

 ドゥテルテ氏の講演と同じ日付…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも