[PR]

 21日午後2時7分ごろに発生した鳥取県を震源とする地震で、最大震度6弱を観測した同県では、北栄町で住宅2戸が倒壊したほか、各地で屋根瓦や壁が崩落するなど、広い範囲で被害が出ている。消防庁の午後5時半時点の発表では、岡山市で70代の女性が転倒して足の骨を折る重傷を負ったほか、鳥取市や鳥取県倉吉市などで計6人が軽いけがをしたという。

 中国電力によると、地震の影響で鳥取、岡山両県で延べ約7万7100戸が停電したが、午後5時40分現在ですべて復旧した。島根原発1、2号機(松江市)は運転停止中で、建設中の3号機も含め地震による影響はないという。

 高速道路では、中国自動車道(落合インター―新見インター間)と岡山自動車道(有漢インター―北房ジャンクション間)が地震直後から通行止めになっていたが、ネクスコ西日本は午後5時に規制を解除。鳥取や岡山県内などで実施していた速度制限も含め、地震の影響による規制は全て解除された。

 東海道・山陽新幹線も一時運転を見合わせたが、午後2時27分ごろから再開した。JR西日本によると、一部の在来線でも一時運転を見合わせていたが、大半の路線は夕方にまで再開。山陰線(倉吉―由良間)のみ終日運転を取りやめ、22日の始発から再開する見通し。

 また、大阪航空局によると、閉鎖していた鳥取空港(鳥取市)は午後4時半、閉鎖を解除した。